Time is TBD | Hilton Tokyo 3RD FLOOR

Maternity Yoga Class - with Reiko Sensei 令子先生と一緒に、妊娠中のヨガレッスン

From your physical body to your emotional state, prenatal yoga is a key ingredient to a healthy, happy pregnancy. every tuesday between 11-12 pm 体にも精神にも、妊娠中のヨガは、妊娠をもっと健康的で楽しくさせます。 毎週の火曜日11時から12時までの間に開催されます。
Maternity Yoga Class - with Reiko Sensei         令子先生と一緒に、妊娠中のヨガレッスン

Time & Location

Time is TBD
Hilton Tokyo 3RD FLOOR , 6-chōme-6-番2号 Nishishinjuku, Shinjuku City, Tokyo 160-0023, Japan

About the Event

Supports Your Changing Body 

"Our bodies are always changing," says Jane Austin, a pre- and postnatal yoga teacher based in San Francisco and the founder of prenatal yoga school Mama Tree. But in pregnancy, the body experiences "an accelerated pace of change," she says, and needs help adjusting and compensating. "Prenatal yoga practice is designed to support the changes that happen in a pregnant body," Austin says, by offering women healthy, safe ways to stretch their muscles and strengthen their bodies – their lower bodies in particular – to ease the process .

 Tones Important Muscle Groups 

Prenatal yoga "tones the physical body, especially the pelvic floor, hip, and abdominal core muscles, in preparation for the birthing process," says Liz Owen, a Boston-based yoga teacher and the co-author of Yoga for a Healthy Lower Back: A Practical Guide to Developing Strength and Relieving Pain. A properly toned muscle has the right balance between length and strength – it is neither too lax nor too tight. Building and maintaining muscle tone during pregnancy, with yoga poses like lunges and gentle backbends, can help minimize the aches and pains of those nine months, and are key in bringing your body back to a toned condition after delivery, Owen says

 Prepares for Labor and Delivery 

A top priority in Austin's prenatal yoga classes is teaching women "they can trust that their bodies will open" up to labor and birth. "When we're afraid, we tighten up," she says, and that tightening leads to what she calls a "fear-tension-pain cycle." This can sabotage a woman's efforts to remain present and calm in labor, especially if she hopes to experience childbirth with minimal or no pain medication. Working to connect with yogic methods of deep, mindful breathing can help the body loosen and relax, and help women get to a "mammalian place," Austin says, where they can let their bodies do what they instinctively already know how to do: give birth.

 Promotes Connection With Your Baby 

Even the act of going to a prenatal yoga class once (or more) each week is a gentle reminder to take the time out of a busy work and home life to care for and bond with your growing baby. As your pregnancy progresses, your body's different responses to yoga poses will be a reminder of other physical changes happening in your body. Certain poses, such as Hero pose, in which you sit back on your heels and then sit up straight to lengthen your spine, can become meaningful if you breathe deeply while in it.

 Provides Relief From Common Pregnancy Complaints 

Prenatal yoga may be the cure for what ails you if you're suffering from common pregnancy discomforts such as lower back pain, nausea, insomnia, headaches, shortness of breath, and carpal tunnel syndrome. By stretching and toning muscles, you can help blood circulate throughout the body in a healthy way. Also, deep breathing can bring much-needed oxygen to your baby and to your own muscles. A 2012 University of Michigan study showed that mindfulness yoga, which combines physical poses with meditation practices, can bring measurable relief to the depression that can accompany the emotional journey of pregnancy. Of course, not all symptoms are guaranteed to disappear altogether, but the multidimensional approach of yoga to both physical and emotional health can help your body take the uncomfortable aspects of pregnancy in stride

 Gives You a Healthier Pregnancy 

It's probably not surprising that research has confirmed a healthy mama is more likely to have a healthy baby. In fact, a 2012 study found that women who regularly practiced yoga during pregnancy were less likely to have preterm labor or to deliver a low-birthweight baby.

 Encourages You to Make Friends With Like-Minded Mamas 

One of the greatest benefits of prenatal yoga may be joining a community with other expectant moms. "The class becomes a pregnancy support group of sorts, where women connect with other women who are making the same choices and lifestyles changes," says Karen Prior, a prenatal yoga instructor in Oklahoma City and the creator of the Mamaste Yoga program. Sharing the pregnancy journey with new friends can help ease your anxiety about impending motherhood while also easing your back pain and calming your body.

「私たちの体は常に変化しています」と、サンフランシスコを拠点とする出生前および出生後のヨガの教師であり、出生前のヨガスクールであるママツリーの創設者であるジェーンオースティンは言います。しかし、妊娠中、体は「変化の加速したペース」を経験し、調整と補償の助けが必要だと彼女は言います。 「出生前のヨガの練習は、妊娠中の体に起こる変化をサポートするように設計されています」とオースティンは、女性に筋肉を伸ばし、体、特に下半身を強化してプロセスを容易にする健康的で安全な方法を提供することによって言います。

 重要な筋肉群のトーン

 出生前のヨガは、「出産プロセスに備えて、身体、特に骨盤底、腰、腹部のコアの筋肉を整えます」と、ボストンを拠点とするヨガ講師であり、Yoga for a Healthy LowerBackの共著者であるLizOwenは述べています。 :強さを開発し、痛みを和らげるための実用的なガイドです。適切に調子を整えた筋肉は、長さと強さのバランスが適切でなければならないのです。緩すぎたり、きつすぎたりすることはありません。オーウェン氏によると、妊娠中の筋緊張の構築と維持は、突進や穏やかな後屈などのヨガのポーズで、9か月間の痛みや痛みを最小限に抑えるのに役立ち、出産後に体を引き締まった状態に戻すための鍵となります。

 陣痛と分娩の準備 

オースティンの出生前ヨガクラスの最優先事項は、女性に「自分の体が開くと信じることができる」ことを分娩と出産まで教えることです。 「私たちが恐れているとき、体は引き締めるのです」と彼女は言います、そしてその引き締めは彼女が「恐怖-緊張-痛みのサイクル」と呼ぶものにつながります。これは、特に鎮痛剤を最小限に抑えるか、まったく使用せずに出産を経験したい場合に、女性が出産を続けて落ち着く努力を妨害する可能性があります。深く心のこもった呼吸のヨガの方法とつながることで、体が緩んでリラックスし、女性が「哺乳類の場所」にたどり着くのを助けることができます。オースティンは、自分の体に本能的にすでに知っていることをさせることができて、赤ちゃんを誕生させます。

 

赤ちゃんとのつながりを促進します。

 出生前のヨガのクラスに週に1回(またはそれ以上)行うということでさえ、忙しい仕事や家庭生活から時間を取って、成長する赤ちゃんの世話をし、絆を深めることを穏やかに思い出させます。妊娠が進むにつれて、ヨガのポーズに対する体のさまざまな反応は、体に起こっている他の身体的変化を思い出させるでしょう。かかとに腰を下ろしてからまっすぐに座って背骨を伸ばすヒーローポーズなどの特定のポーズは、その中に深く呼吸すると意味があります。

 

一般的な妊娠の症状・不快感からの救済を提供します 

出生前のヨガは、腰痛、吐き気、不眠症、頭痛、息切れ、手根管症候群などの一般的な妊娠の不快感に苦しんでいる場合にあなたを苦しめるものの治療法かもしれません。筋肉を伸ばして調子を整えることで、血液が健康的な方法で体全体に循環するのを助けることができます。また、深呼吸は赤ちゃんとあなた自身の筋肉に切望されている酸素をもたらすことができます。 2012年のミシガン大学の研究では、身体的なポーズと瞑想の実践を組み合わせたマインドフルネスヨガが、妊娠の感情的な旅に伴ううつ病に測定可能な救済をもたらすことができることが示されました。もちろん、すべての症状が完全に消えることが保証されているわけではありませんが、身体的および感情的な健康へのヨガの多次元アプローチは、あなたの体が妊娠の不快な側面を一気に取るのを助けることができます 。

あなたに健康な妊娠を与えます

 健康なママが健康な赤ちゃんを産む可能性が高いことが調査で確認されたことは、おそらく驚くべきことではありません。実際、2012年の調査によると、妊娠中に定期的にヨガを練習している女性は、早産や低出生体重児を出産する可能性が低いことがわかりました。 

志を同じくするママと友達になることをお勧めします

 出生前ヨガの最大の利点の1つは、他の妊婦とのコミュニティに参加することかもしれません。 「クラスは一種の妊娠支援グループになり、女性は同じ選択をしている他の女性とつながり、ライフスタイルを変えます」と、オクラホマシティの出生前ヨガインストラクターでママステヨガプログラムの作成者であるカレンプライアは言います。妊娠の旅を新しい友達と共有することで、差し迫った母性への不安を和らげると同時に、腰痛を和らげ、体を落ち着かせることができます。